• このエントリーをはてなブックマークに追加

品川のバーチャルオフィスを利用した場合の月額費用について

住所や電話番号を借りる事が出来るオフィスの事をバーチャルオフィスと呼びます。
法人登記を行う時や都内などに拠点を設けて起きたい時、ホームページを立ち上げる際に自宅の住所を掲載したくない人が利用する事もあります。
ちなみに、借りた住所は、オフィスを利用する人や会社と共通のものとなります。
例えば、品川区でこうしたオフィスサービスを提供している会社がある場合、その会社の住所を借りる事になるため、他の人や他の会社が利用している場合は、すべて同じ住所になるわけです。
しかしながら、他のエリアで会社を持つ起業家、個人で商売をしている人など、都心の中でも一等地の住所を借りる事が出来る魅力があるため注目が集まっています。
尚、サービス内容や月額料金などはそれぞれの会社毎に金額そのものが異なるので比較がお勧めです。

多数の会社がサービスを用意しています

ネットを使って品川区にあるバーチャルオフィスを検索すると、サービスを提供している会社が多くある事が分かります。
それぞれの会社で特徴があるので、比較をしておく事が大切ですが、郵便転送費用を無料にし、月額4,800円で利用が出来る所、腰の会議室を完備している、銀行口座の開設も可能、会議室の利用は24時間いつでも使えるなどを売りにしている所もあります。
さらに、月々1,500円の費用を支払う事で、法人登記が可能になる、貸し会議室のスペースも完備しているなどの特徴を持つ会社もあります。
尚、住所の場合は4,800円、住所のみのレンタルの場合は480円で借りる事が出来る格安プランを設けている会社もあるなど、初期費用だけではなく毎月の経費を削減する効果にも繋がって来ます。
尚、サービス内容はプランにより異なるため、料金相場を把握しておく事が大切です。

サービスの何が必要なのかを明確にしておきましょう

品川のバーチャルオフィスを利用した場合の月額料金はサービスを提供している会社により異なるので比較が大切です。
但し、サービスの内容がそれぞれ異なるので、料金だけで比較をするのはよろしくありません。
まず、オフィスを利用する目的を明確にする事が大切です。
例えば、法人登記で利用する場合には住所のみをレンタルするだけで良いわけですから、住所をレンタルする場合の料金をそれぞれの会社で比較をすれば良いのです。
住所だけではなく、郵便物などの転送サービスを希望する場合、郵便物1通当たりの単価が決まっている会社と月々の料金が固定になっている会社があるので、それぞれの料金を比較しておくのがお勧めです。
尚、貸し会議室などのサービスの利用も必要な場合には、レンタルスペースを用意している会社のサービスを利用すれば良いでしょう。

株式会社Karigoは2006年8月に設立致しました。郵便物の受け取りに関しては引き取りと転送からの選択が可能となっております。 バーチャルオフィスを使用する上で役に立つ書類・実績リストも掲載させて頂いております。 当社のサービスについては様々なプランがございますのでHPにてご確認をお願い致します。 国外にもカリフォルニアに店舗がございますので詳しい内容はお問合せ下さい。 バーチャルオフィスを品川でお探しなら【Karigo】

ピックアップ記事

品川でバーチャルオフィスを選び方とポイント

会社の印象を与える要素として住所があります。認知度の高いビジネス街にあれば、しっかりとした安定性のある会社というイメージを与えますので、会社の価値を高めてくれる1つのポイントとなります。しかし、実際に...

電話転送OK!品川でバーチャルオフィスを借りる

事務所を構える場合、高額な初期費用が必要になります。事務所の規模にもよりますが、家賃が30万円、保証金が1年分とした場合、これだけで30万円×12か月=360万円の費用が必要です。さらに、事務所内で利...

品川でバーチャルオフィスを借りるときの契約期間

仕事をするうえで大切になってくるのが住所です。郵便物を相手に送るときやチラシ、会社の案内をするときなどに必ず明記するのが住所ですから欠かせない要素です。その住所によって会社のランクを知らない間に印象を...