• このエントリーをはてなブックマークに追加

品川でバーチャルオフィスを選び方とポイント

会社の印象を与える要素として住所があります。認知度の高いビジネス街にあれば、しっかりとした安定性のある会社というイメージを与えますので、会社の価値を高めてくれる1つのポイントとなります。しかし、実際にその場所にオフィスを借りるとなると、それなりの場所ですから高い賃料になってしまい経費の負担も相当なものになってしまいます。とは言っても、郵送物や名刺などいろいろなところで会社の住所は登場しますので、賃料だけの都合で会社のイメージを下げてしまう場所を選ぶわけにはいきません。そこで最近注目されているのがバーチャルオフィスです。実際にオフィスを構えるのではなく、住所としてのオフィスだったり、小スペースのオフィススペースだったりして住所だけのオフィスが気軽に持てるようになっています。

会社の顔である住所を品川区にするメリット

品川は再開発もあり、新たにオフィスビルなども揃って、多くの企業の集まる湾岸エリアのビジネス街です。そのため住む場所や働く場所としても注目を集めている人気スポットで、ここにオフィスがあるというだけでイメージアップします。そんな品川で実際にオフィスを構えようとすると、まず人気エリアだけに物件が少なく、さらに値段も高騰しています。そこでバーチャルオフィスですが、住所だけでいいので、本当にあるオフィスビルの一部だったりとバーチャルとはいえ、本当に仕事をする場所のイメージを損なわないのが特長です。また、オフィスに行くことはないとはいえ、何かあったときにもアクセスしやすい場所というのも安心感があり人気の場所です。新しいビルも多いので新しい取り組みであるバーチャルオフィスにも積極的なので選ぶことができるほど数もあります。

選び方次第で値段も変わってくる

選び方は使う目的や住所を知らせる相手などによって異なりますが、気を付けたいのが選ぶ場所です。これによって金額が大きく異なってくるので、予算に合うのか検討する必要があります。まず、駅前やスペースが広い、ビルや建物の設備が良い、高層階などにある場合は高くなり、場合によっては他の地域でオフィスとして構えた方が安くなるケースも出てきます。印象は良くなりますが、実際に利用するわけではないという場合はもう少し幅広く検討して、一般的なビルや、少し駅から歩くなどの物件でも十分不便なく利用できるでしょう。また、住所だけと言っても管理している会社がどの程度、メンテナンスや管理をしてくれるのかも事前に知っておく方がよいでしょう。普段自分たちが毎日出入りしないだけに不在の管理がポイントになります。

ピックアップ記事

品川でバーチャルオフィスを選び方とポイント

会社の印象を与える要素として住所があります。認知度の高いビジネス街にあれば、しっかりとした安定性のある会社というイメージを与えますので、会社の価値を高めてくれる1つのポイントとなります。しかし、実際に...

電話転送OK!品川でバーチャルオフィスを借りる

事務所を構える場合、高額な初期費用が必要になります。事務所の規模にもよりますが、家賃が30万円、保証金が1年分とした場合、これだけで30万円×12か月=360万円の費用が必要です。さらに、事務所内で利...

品川でバーチャルオフィスを借りるときの契約期間

仕事をするうえで大切になってくるのが住所です。郵便物を相手に送るときやチラシ、会社の案内をするときなどに必ず明記するのが住所ですから欠かせない要素です。その住所によって会社のランクを知らない間に印象を...