• このエントリーをはてなブックマークに追加

起業時に低価格で品川に事務所を設置可能なバーチャルオフィス

飲食店や雑貨店を経営する場合、店舗が必要になりますが、雑貨店の場合は実店舗を構えなくてもお店を作る方法はあります。 例えば、ネットの中には多数の通販サイトがありますが、こうしたサイトの中には実店舗がないお店も多数あるわけです。 起業を行う場合には店舗やオフィスなどの空間が必要になるケースが多いかと思われますが、通販サイトなどの場合は自宅を仕事場、在庫品の保管場所にする事で、お店や事務所を構える必要はありません。 但し、お店やオフィスを作らなくても必ず必要になるのが住所です。 自宅を住所にする場合、ホームページを立ち上げるのであれば、住所を記載しておいた方が信頼性が高くなります。 しかし、自宅の住所を記載すると情報の漏洩などの不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

品川の一等地の住所を借りる事も出来ます

実店舗を構えずに通販店や起業を行う場合、店舗やオフィスを借りる必要がありませんので、毎月の家賃や光熱費など、経費が掛からないメリットがあります。 最近は、ホームページを利用してウェブマーケティングを行う事が主流であり、ホームページを立ち上げる事で集客効果を高めるメリット、利益拡大を狙えるなどの魅力もあります。 通販サイトの場合は、ホームページは必須になるわけですが、会社を立ち上げた時などもホームページを運営しておく事で会社のアピールにも繋がって来ます。 ホームページは会社やお店の住所を記載するケースが多くあります。 但し、自宅の住所を掲載するとなると後々トラブルが起きるのではないかなど不安に感じる人も多いと言えましょう。 こんな時にも便利なのがバーチャルオフィスです。 バーチャルオフィスは格安料金で住所や電話番号を借りる事が出来るオフィスで、品川などの一等地の住所をレンタルする事も出来ます。

設立登記には本店の住所が必須です

会社の設立登記には本店の住所が必要になります。 これは法人として起業を行うは必須条件で、自宅の住所を登記したくない場合には、事務所を借りなければなりません。 バーチャルオフィスは住所や電話番号を借りる事が出来るようになっているので、設立登記の時に利用する人も少なくありません。 但し、注意をしなければならない事があります。 設立登記として利用する場合には、別途費用が必要になるケースがある点です。 初期費用を抑える事が出来る反面、追加費用を支払わなければならないケースがあるので、事前にそれぞれのオフィスのサービス内容について確認しておくと良いでしょう。 ちなみに利用者がオフィスがあるエリアに住んでいない人でも利用が出来ますし、利用する事で住所は品川区になるなどの魅力を持っています。

ピックアップ記事

品川でバーチャルオフィスを選び方とポイント

会社の印象を与える要素として住所があります。認知度の高いビジネス街にあれば、しっかりとした安定性のある会社というイメージを与えますので、会社の価値を高めてくれる1つのポイントとなります。しかし、実際に...

電話転送OK!品川でバーチャルオフィスを借りる

事務所を構える場合、高額な初期費用が必要になります。事務所の規模にもよりますが、家賃が30万円、保証金が1年分とした場合、これだけで30万円×12か月=360万円の費用が必要です。さらに、事務所内で利...

品川でバーチャルオフィスを借りるときの契約期間

仕事をするうえで大切になってくるのが住所です。郵便物を相手に送るときやチラシ、会社の案内をするときなどに必ず明記するのが住所ですから欠かせない要素です。その住所によって会社のランクを知らない間に印象を...